水道修理をする時に必要な料金~クレジットカードも使える~

トイレから水漏れ発生~緊急事態であれば業者を呼ぼう~

トイレ

突然起きるトイレのトラブルを解決するためには、水道修理業者へ依頼する必要があるため、事前に調べておくと良いでしょう。ここでは水道修理業者を利用する上での注意点や利用する時のメリットを紹介していきます。

トイレの水漏れは水道修理業者へ

水道修理業者へトイレの水漏れを修理してもらえば、問題をスピード解決してくれます。業者によっては見積もりや出張費などが無料であるため、気軽に相談することができます。電話相談も無料であるため、相談するにあたって心配なことは何もありません。都内であれば、30分程で現場へ駆けつけてくれます。この駆けつけるスピードの速さは、緊急事態に対応する時に大切になってきます。

水道修理を行っている業者でのサービス

安心な料金形態
トイレのトラブルを解決するために、水道修理を依頼することがあります。修理するにはまず現地へスタッフが行き状態を見ます。そして、見積り額を出しますのでしっかりと確認しましょう。見積り額に納得できれば、作業を開始することができます。スタッフが対応するのが深夜・休日でも追加料金などはかかりません。
トラブルが再発しても安心サポート
水回りのトラブルがもし再発したとしても、サポートが徹底しているため心配はいりません。またトラブルが発生し、水道修理業者に修理してもらう場合は、再発防止というサポートがあるので安心です。トラブル再発防止では、メンテナンス方法について、業者から詳しく聞くことができます。

お金を持ち合わせていなくても大丈夫

トイレから水漏れが起きているので、修理をお願いしたいんですが、お金を持ち合わせていません。現金支払いじゃないとダメですか?
現金払い以外にも、クレジットカード払いがあるので安心です。お支払い方法には、クレジットカード以外にも、銀行振込やコンビニ支払いなどもあります。都合の良い方法で支払いを済ませることができるのです。ここで注意する点には、業者によっては使用できるクレジットカード会社が決まっていることが挙げられます。ですからあらかじめネットで調べておいた方が良いでしょう。

水道修理業者が来る前にしておく応急処置

水漏れした時は、慌ててしまい適切な対応ができないことがあります。水漏れを発見したら、まず水道修理業者を呼びましょう。ここでは水道修理業者が来るまでに自分でもできる応急処置方法を紹介したいと思います。

とりあえず止水栓を閉める

水道

蛇口は水漏れがしやすい場所です。もし蛇口が水漏れしていることに気づいたら、まず止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めなければ、蛇口を取り外す時に水が大量に出てくるため問題が拡大してしまいます。大量の水が流れると水道代も高くなり、無駄な出費が増えてしまうので止水栓はまず最初に閉める、ということを忘れないようにしましょう。

閉め方が分からない場合

簡単に閉められます(水道屋)

初めて蛇口の水漏れなどを体験した人は、止水栓を閉めることをやったことがない人が多いと思います。止水栓が固くなっていても「こんなもんなのかな。」と考えてしまいがちです。ですから、固くなった止水栓を強引に閉めないように注意しましょう。止水栓は力の弱い人でも簡単に開閉できるものです。無理して閉めようとするとケガをしてしまう可能性もあります。無駄な労力も減らすためにも、すぐに水道修理業者を呼び対処しましょう。

TOPボタン