水道修理業者へ連絡するよりも先に連絡を入れなければいけないところ

トラブルが起きたらやるべきこと~賃貸物件に住んでいる人へ~

トイレの水漏れや蛇口からの水漏れというトラブルに見舞われた際は、水道修理業者よりも先にあるところへ連絡を入れておく必要があるのです。ここでは水道修理業者の前に連絡を入れなければいけないところと、その他にやっておくべきことを紹介していきます。

業者以外に連絡するところは?

電話をする人

賃貸物件で生活している人は、水漏れが起きた時にまず管理会社かオーナーに連絡を入れて相談をするようにしましょう。小さな水漏れでも、今後問題が拡大する可能性を考えて、まずは管理会社かオーナーに相談しておくのがベストです。水漏れの原因が賃貸マンションの不備によるものでなければ、自腹で修理費を負担します。しかし、蛇口の劣化が原因となるのであれば、管理会社やオーナーが負担してくれます。蛇口の修理費は大体10000円と高いので、オーナーに負担してもらえればラッキーです。

トイレトラブルが起きないために注意しておくことリスト

トイレの水漏れや詰まりを防止する

ペーパーを使いすぎない
トイレットペーパーは水に溶けるといわれています。そのため、トイレットペーパーを使いすぎてしまう人が一定数存在するのです。しかしトイレットペーパーは量が多くなり重量を増すと、溶けにくくなるといわれているので、使いすぎには注意が必要です。
ティッシュを流さない
トイレットペーパーの代わりとして仕方なく使われるのがティッシュです。ティッシュは水に溶けないということを理解している人も多いのですが、やむを得ず使うということがあります。トイレが詰まる原因となるため、できるだけ使わないように気をつけましょう。
トイレで吐かない
トイレに吐くと、まだ消化されていない固形物などが配管に詰まることがあります。また、油分を含んだ食べ物を食べた後に吐いてしまうのも、配管で油分が固まってしまい、詰まりの原因となるので注意しておきたいところです。

TOPボタン