自分で直すよりも水道修理業者に直してもらう方が安心

トイレの水漏れ修理はどっちが手頃な料金か比較してみよう

作業員

トイレの水漏れは、自分で直すことができます。また水道修理業者へ依頼して直してもらうことも可能です。自分で水漏れを直すのと、水道修理業者へ依頼して直すのとでは、どのくらい費用に差があるのかを見てみましょう。

料金を比較してみよう

自分で行った場合
ラバーカップやパイプブラシ、重曹などを準備する必要が出てきます。自分で修理をする場合は、約3000円程の出費となるでしょう。修理に使う部品を購入する際は、部品だけでも数千円必要となることもあります。しかし、高く見積もって、自分で水漏れ修理を行なえれば修理費を10000円以内で済ませることができます。
修理業者に依頼した場合
修理業者へトイレの水漏れ修理をしてもらった場合は、パッキンの交換程度であれば、5000円~11000円以内で済みます。ところが、パッキン以外の部品交換になってくると、修理費が11000円~35000円程必要となることがあります。規模の大きな修理になってくると、修理費が高くなります。修理費用がかさみやすくなりますが、修理を行なう時はしっかりと悪い部分を直すことができるので、信頼できます。

自分で行って失敗するケースもある

最初から業者にお願いしておけばよかった(30代/男性)

自分でトイレの詰まりを直したのですが、毎回トイレの水の流れが悪くなり、何度もラバーカップを使っては直して手間がかかりました。ただの詰まりではないと思い、水道修理業者に修理依頼をして直してもらいました。原因は、どうやらパイプの中にあったらしいので、自分がやっていたことが無駄だった時はショックでした。

自分で修理するよりも業者に修理を任せる方が良いでしょう。水道修理業者に依頼するだけで、費用はかかるものの、問題を簡単に解決することができます。また修理も自分でやるよりも業者に任せる方が失敗するリスクがありません。

TOPボタン